** index **

ビオチンサプリメントの必要性

近ごろ話題になっているのがビオチンサプリメントですが、ビオチンは本当のところどの程度必要なのでしょうか。体のところどころに影響があり、エネルギーの代謝がビオチンが不足した場合に停滞するといいます。症状としては皮膚炎、結膜炎、脱毛、知覚異常などがビオチンが少なくなると起こるものです。アトピー性皮膚炎や糖尿病などのリスクが高まるといわれているのが、体内のビオチン不足なのです。リスクが高まるといっても、すぐにビオチンのサプリメントを使うべきというものではありません。腸内で作られる成分がビオチンなのですが、必要な分は健康な人ならば腸内で作られるといいます。ビオチンが欠乏する懸念は、ほど不規則な食生活や生活習慣でない限りはないといえるでしょう。生活習慣や食習慣が要因となってビオチンが欠乏することがよくあるので、自分自身の生活を振り返ってから、サプリメントを利用することをおすすめします。ビオチン不足の要因には、煙草の吸いすぎや多量の飲酒もあるといわれています。腸内環境が抗生物質を摂取したために少しの間変わってしまい、ビオチンの生成が鈍くなってしまうこともあるといいます。大腸では毎日たくさんの腸内細菌がつくられたり、死んだりしており、ビオチンもその中でつくられています。とく健康に問題なければ、いつもビオチンサプリメントを摂取しなくても良いといえます。サプリメントでビオチンを摂取しているという人は、皮膚炎や糖尿病の症状を良くすることを目的にしているそうです。

ビオチンを摂取するには

サプリメントの摂取以外に、体の中のビオチンを増やすにはどのような方法があるのでしょうか。ビオチンの生成は腸内でもされているほか、食事で摂りいれることも可能です。腸の環境を良くしてビオチンを生成しやすくしたり、サプリメントや食品でビオチンを摂取しなければ、ビオチンを増加させることはできません。ビオチンを含む食材は卵、レバー、豆類などです。水溶性ビタミンであるビオチンは、水に溶けやすい性質をもっています。たんぱく質と食品の中では結合しているので、水で排出されてしまう心配はありません。ビオチンだけでなく、ビタミンB群が全部入っているサプリメントを選択したほうが、サプリメントでビオチンを摂取するときにはおすすめです。ほかにもビオチンはビタミンB7と言われることもあり、一種のビタミンB群です。ビオチンのみ摂っても、体の中に取り込まれることなく外に出てしまうことがよくあるといいます。ビオチンが体内に長く留まるよう、タイムリリース加工がされたサプリメントがおすすめです。実はサプリメントの原材料には、化学合成で作られたサプリメントと天然成分から生成されたサプリメントがあるそうです。安心して摂取できて体への吸収効率が良いビオチンサプリメントを選択するのであれば、おすすめなのは天然のサプリメントです。

プラセンタの原料は羊の胎盤

プラセンタは美容に最適なサプリメントとして人気がありますが、何が減量でプラセンタができているのでしょう。アンチエイジングに効果的なプラセンタは、抗酸化作用があり、新陳代謝を促進する働きがあるそうです。プラセンタの意味は英語で胎盤ということからも分かるように、原料には動物の胎盤が使用されているサプリメントです。胎盤から必要な成分を抽出したものが、サプリメントなどに使われているプラセンタの正体です。プラセンタの中でも近ごろは羊の胎盤を原料にしたものが人気で、今までのように馬や豚の胎盤はあまりメジャーではなくなりつつあります。病気にかかりにくい動物である羊には、元気があります。プラセンタの原料としてとても優秀で、がんやエイズにかからない免疫力もあるといいます。漢方薬の原料として中国でも、羊胎と羊の胎盤を呼ぶほど昔から使っていたものなのです。人間に羊のアミノ酸の組成が似ているので、細胞のドナーとしてもおすすめの動物です。羊はスクレイピーという病気にかかる可能性があります。日本ではこれまで、プラセンタで羊を原料にしたものがつくられていなかったといいます。しっかりとした衛生管理のもとで、ワクチンや薬剤などを使用せずに清潔な食事を与えて羊を育てることが、スクレイピーからプラセンタの原料である羊を保護するためポイントです。